2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2011年8月 2日 (火)

BootCampでWindows 7をインストールする

待っていたMacBook Air 11インチが届き、すぐにWindows 7をインストールしました。BootCampアシスタントを使えば、簡単にインストールできます。

しかし、私は一つだけ戸惑ったことがありました。もしApple純正の光学ドライブを持っていればWindows 7のDVDからインストールできると思うのですが、私の光学ドライブはサードパーティーのものです。MacBook Airに接続した光学ドライブにWindows 7のDVDを挿入した状態で、BootCampアシスタントを実行してもDVDを認識しませんでした。

画面に表示されたメッセージをよくよく見ると、ISOイメージと記載されています。

Bootcamp_iso_image

まずWindowsマシンでWindows 7のISOイメージを作成し、次にそのISOイメージをUSBフラッシュメモリーにコピーしました。そのUSBフラッシュメモリーを経由して、ISOイメージをMacBook Airにコピーしました。

その後はスムーズにWindowsをインストールできました。ホッとしました。Mac OSは経験不足で少し不安を感じますが、Windowsなら使い慣れていますので安心です。

2011年5月16日 (月)

iPad2を買う

買ってしまいました、iPad2を。

Ipad2

昨夏にエアコンを買い替えたときのエコポイントでもらった商品券が残っていることを口実にした衝動買いです。

ついで、『iPad2 Style Book』という解説書も買いました。

Ipad2_2

私はiPhoneもiPod touchを使った経験がありますので、iPad2の操作に戸惑うことはないとタカをくくっていました。しかし、側面にあるロックボタンをロック状態にしたまま、音量を変えることができなくなってしまい、その理由に気が付くまでかなり時間を無駄にしました。

徒然草(第52段) に「少しのことにも、先達はあらまほしきことなり」という言葉があるのを思い出し、やはり解説書を読んだ方がよいと考え直したところです。

2009年8月31日 (月)

ClamXavをMacBookにインストール

これまでMacにはウィルス対策としてNorton AntiVirus for Macをインストールしていたのですが、Macの電源を入れずに長い期間放置していましたので、Norton AntiVirusの有効期限が切れてしまいました。

Snow Lepardをインストールしたことを機に、Norton AntiVirus以外のウィルス対策ソフトに乗り換えました。

以前テレビで、Windowsのように鎧を身に付けなくてもMacは安全だというコマーシャルが流れていたことを思い出します。コマーシャルの通りMacがウィルスに狙われるリスクはWindowsよりも低いと思いますが、しかしリスクがゼロではないことは言うまでもありません。Macにはウィルス対策ソフトが不要だと考えているユーザーが少なくないと聞いていますが、怖がりの私はウィルス対策ソフトをインストールしないことなど考えられません。

フリーウェアのClamAVをインストールすることにしました。Snow LeopardにはClamXav 2.0.1 Public Betaが対応しているそうなので、早速ダウンロードしました。

Clamxav

ClamXavをインストールし、ウイルスデータベースを最新の状態にアップデートしました。これで「枕を高くして寝られる」と言うと大袈裟すぎますね。

2009年8月29日 (土)

Mac OS X v10.6(Snow Leopard)を購入

何カ月も埃をかぶったままのMacBookがあるので、Mac OS X v10.6(Snow Leopard)をインストールしようと思い、購入しました。ヨドバシカメラで3,280円でした。明日にでもインストールしてみるつもりです。

Snow_leopard

Mac OS Xは、v10.1(Puma)→ v10.1(Puma)→ v10.2(Jaguar)→ v10.3(Panther)→  v10.4(Tiger)→  v10.5(Leopard)とバージョンアップしてきました。PumaだったかJaguarだったかが発売された当時、バージョン番号が0.1だけの変化に1万数千円も払う価値があるのかと批判する人がいました。ところが、今回のLeopard(豹)からSnow Leopard(雪豹)へのバージョンアップは三千円あまりです。 豹から雪豹に変わっただけだからでしょうか。それにしても、パッケージに印刷された雪豹の顔には凄味があります。

一方、10月末にはWindows 7が発売されます。Windows内部のバージョン番号は、Windows Vistaが6で、Windows 7が6.1です。マイクロソフトにとっては、Windows VistaのマイナーバージョンアップがWindows 7だという位置付けなのでしょう。Windows 7の価格は3万8800円~1万5800円になるようです。バージョン番号が0.1だけの変化にして、価格が高いですね。

ところで、ブログの名前の最後が「Windowsと…」となっているのは、Windows以外にもMac OSやiPhoneなども書きたいと思っているからです。今回のSnow Leopardについても何か感じたことがあれば、ブログに書きたいと思っています。でも、何カ月も埃をかぶったままのMacBookですから、いつになることやら。