2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 米国のKindle fire HDを日本のamazon.co.jpで使用する | トップページ | ポータブルDVDドライブを選ぶ »

2012年12月 9日 (日)

Windows 8をリフレッシュするための回復イメージを作る

indows 8は動作がおかしくなったときに、「リフレッシュ」して修復するという手段が用意されています。

通常の場合、リフレッシュすると、Windows Updateなどが初期状態に戻ってしまいます。そこで、あらかじめ回復イメージを作っておくと、その時点の状態に戻すことができます

私のVAIO DUOで、実際に回復イメージを作ってみました。回復イメージの保存先にSDカードを選択すれば便利だろうと思ったのですが、残念ながらSDカードなどのリムーバブルディスクを選択することはできませんでした。保存先に選択できるのは、固定ドライブだけです。そのため、外付ハードディスクをUSBで接続して、そのドライブを保存先に選択することにします。

まず、Windowsキー+Qキーを押し、CMDと入力すると、コマンドプロンプトのアイコンが表示されます。右クリックするとオプションが表示されるので、「管理者として実行」をクリックします。

Cmd

外付ハードディスクがGドライブですから、次のコマンドを実行します。

recimg /createimage g:\

それなりに時間がかかりますが、私のVAIO DUOでは回復イメージが14GBほどになりました。これで安心です、Windows 8の動作が不安定になっても回復できるのですから。

« 米国のKindle fire HDを日本のamazon.co.jpで使用する | トップページ | ポータブルDVDドライブを選ぶ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213349/48141918

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8をリフレッシュするための回復イメージを作る:

« 米国のKindle fire HDを日本のamazon.co.jpで使用する | トップページ | ポータブルDVDドライブを選ぶ »