2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« SHOT NOTEを使ってみる | トップページ | iPadにフォルダーをコピーする »

2012年4月15日 (日)

Adobe Flash Playerを自動更新に設定する

Adobe Flash Playerは非常に多くのパソコンにインストールされていることから、その脆弱性がウィルスの標的にされることがよくあります。そして、その脆弱性を修正するため頻繁にアップデートがおこなれますが、その度にAdobe Flash Playerをインストールし直しするのは結構面倒に感じます。

Flash Player 11.2からは、ユーザーが何もしないでもバックグラウンドで自動的にアップデートがインストールできるようになったそうです。私のパソコンでも自動的にインストールされるようになっているかどうかを確かめてみました。

コントロールパネルにあるFlash Playerアプレットを開き、「高度な設定」タブをクリックします。「アップデートがある場合に自動的にインストールする(推奨)」が選択されています。

Flash_player
これで安心できます。Flash Playerに脆弱性が見つかっても自動的にアップデートがインストールされるのですから。

« SHOT NOTEを使ってみる | トップページ | iPadにフォルダーをコピーする »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213349/44894004

この記事へのトラックバック一覧です: Adobe Flash Playerを自動更新に設定する:

« SHOT NOTEを使ってみる | トップページ | iPadにフォルダーをコピーする »