2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« エアカウンターで放射線を測る | トップページ | Windows 8にWiMAXのドライバーをインストール »

2012年3月11日 (日)

Windows 8をインストールする

Windows 8 Consumer Previewと呼ばれるベータ版が公開されましたので、早速インストールしてみました。

ふだん使っているMacBook Airにインストールすることはあまりに無謀だと感じましたので、Lenovo ThinkPad X121eを用意して、次のような手順でインストールしました。

Swin8thinkpadx121e

まず、Windows 8 Consumer PreviewのサイトからISOイメージの64ビット日本語版をダウンロードします。そのときプロダクト キーをメモしておきます。

次に、Windows 7 USB/DVD Download Toolを使って、このISOイメージをUSBメモリに書き込みます。ThinkPad X121eにはDVDドライブを内蔵していませんので、USBメモリから起動できるようにしておくとインストール作業が簡単です。

「急がば回れ」という言葉があります。Windows 8をインストールする前に、ThinkPad X121eに組み込まれているドライバーをバックアップしておきます。たとえばDouble Driverというフリーウェアを使うと、現在インストールされているドライバーを一括してバックアップすることができます。Windows 8をインストールした後に、ここでバックアップしたドライバーを利用できるだろうという目論見です。

USBメモリをThinkPadに挿入して起動すると、ほとんど戸惑うことなくWindows 8をインストールすることができました。ただ、ログインユーザー名としてWindows LiveすなわちHotmailのメールアドレスが求められたことには驚きました。

しばらくは、このWindows 8でいじって遊んでみようかと思っています。

« エアカウンターで放射線を測る | トップページ | Windows 8にWiMAXのドライバーをインストール »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213349/44456784

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8をインストールする:

« エアカウンターで放射線を測る | トップページ | Windows 8にWiMAXのドライバーをインストール »