2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の記事

2011年2月27日 (日)

WiMAX接続ユーティリティーをアップデート

津田大介さんのtwitterを読んでいると、WiMAX接続ユーティリティーをVer. 1.5.2にアップデートしたら接続が安定したという記述がありました。

私のVAIO Xにはintel WiMAX/WiFi Link 5150というアダプターを積んでいます。そこで、intelのダウンロードセンターでWiMAX 5150というキーワードを検索したら、思ったとおりVer. 1.5.2のWiMAX接続ユーティリティーが見つかりました。

Wimax_trimmed

このユーティリティーをインストールして、もし何か不具合があっても津田さんの責任ではなく自己責任です。自己責任であることを肝に銘じた上で、これをダウンロードしてインストールしました。

今のところ、不具合はありません。よく使うものがアップデートされると、何となくうれしいものですね

2011年2月20日 (日)

無線LANのチャンネルをWiFi Stumblerで調べる

自宅のルーターに、バッファローのWZR-AGL300NHという無線LANルーターを使用しています。自宅の無線LANのチャンネルが近隣の無線LANと重ならないようにするため、「自動」に設定しています。こうすれば、近隣のチャンネルをWZR-AGL300NHが自動的に調べ、空いているチャンネルを使用するようになります。

Wifi_channel_2

しかし、実際にどのチャンネルが使われていて、どのチャンネルが空いているのかが確かめてみたいという気持ちになりました。そこで、Xperiaでアンドロイドマーケットを開いて、WiFi Stumblerというキーワードを検索したところ、Meraki WiFi Stumblerというフリーウェアが見つかりましたので、早速インストールしました。

Sandroid_wifi_stumbler_3

Meraki WiFi Stumblerを起動してみると、自宅の無線LANと近隣のいくつかの無線LANのSSIDやチャンネルなどが表示されました。自宅のLANが他の無線LANのチャンネルと重なっていないことを目で確認できて、安心しました。

2011年2月13日 (日)

無線LANが不調

ある友人が自宅のBフレッツを解約しました。そして、Aterm WM3500Rというモバイルルータを買ってWiMAXを契約しました。固定電話が不要なら、BフレッツよりもWiMAXの方が費用対効果に優れているでしょうから、彼の判断は合理的だと思います。

先日、彼からヘルプを求められました。彼の自宅には、デスクトップパソコンとノートパソコンがあり、両方とも無線LANでルータに接続しているそうです。デスクトップパソコンはまったく問題なくインターネットにつながるが、ノートパソコンは接続してからしばらくするとインターネットにつながらなくなるというのです。画面の右下に表示される無線LANインジケーターに黄色のマークがついていることに気がつきました。

Lan_yellow_mark_trimmed_2

ノートパソコンのDNSの設定を変更してみたり、ルータを初期化してみたり、思いつくことをさんざんやってみましたが、解決できませんでした。ここで、私は頭を抱えてしまいました。

無線LANのドライバーの再インストールでもやってみようかと悩みながら、デバイスマネージャーを開いてみると、「電力の節約のために…」という言葉が目に入ってきました。

Device_manager_intel

このチェックボックスをオフにしたところ、ようやく解決しました。ホッとしました。これで、彼の前で大きな顔ができます。

2011年2月 6日 (日)

GPSがなくても、Googleマップに現在地が表示

ひさしぶりにiPod touchでGoogleマップを使ってみました。iPod touchのマップを起動すると、すぐに現在地が表示されます。

iPhoneと違って、iPod touchはGPSを内蔵していませんので、GPSではなくWi-Fiを使って現在地を計測しているようです。

「Google Map WiFi 位置」をキーワードにしてGoogleで検索してみると、現在地の測位についての説明が見つかりました。GPSとWi-Fiと携帯電話基地局の3つをもとにして、現在地を特定しているようです。

iPod touchの「設定」→「Wi-Fi」を開くと、Wi-FiのSSIDがたくさん表示されます。

Sipod_touch_wifi

きっとGoogleがストリートビューを撮影しているとき、同時にどんなWi-Fiの電波が出ているかを収集しているのでしょうね。

SSIDやMACアドレス以外の内容まで収集されることには不安を感じますが、Googleマップが便利に使えることには感謝しています。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »