2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009年7月30日 (木)

au W64SH と ソフトバンク iPhone 3G

以前使っていた携帯(au W64SH)を中古屋さんに買い取ってもらいました。「付属品が全部そろっていて、キズも汚れもほとんどないので、8千円」ということでした。私にとってW64SHは、動作がもっさりとしていることが不満でした。しかし、それが気にならない人であれば、結構できの良い機種だろうと思います。結果的にW64SHは高い買い物でした。

ところで、(3GSではない旧機種の)iPhone 3Gを使っていた友人がそのiPhoneを解約し、「付属品が残っていないので、中古屋では買い取ってくれないだろうから、オバタさんにあげる」と言うので、ありがたく譲り受けました。

Iphone_3g_16gb

ソフトバンクの場合、テザリング(携帯をモデムとして使用してパソコンをインターネットに接続すること)が認められていません。もしもiPhoneでテザリングが実用的に使えるならば、現在契約しているイーモバイルを解約することを考えるのですが、現状ではイーモバイルを解約できません。iPhoneを何に使うか、ちょっと頭を悩ましています。

2009年7月28日 (火)

WiMAXと公益資本主義

私がUQ WiMAXを使っていることをこれまで何度も記事に書きましたが、先日NHKで放送された「マネー資本主義」という番組で、そのWiMAXが発展途上国で活用されていることを知りました。

先週放送された「マネー資本主義」を録画してありましたので、昨晩そのビデオを見ました。番組の中で、「公益資本主義」という考え方が提案されています。その具体例としてバングラデシュの貧しい村、固定電話さえないような貧しい村に無線技術でインターネット接続サービスを提供している会社があるそうです。

NHKの番組では詳しいことがわからなかったので、Googleで検索してみたところbracNetが見つかり、その無線技術がWiMAXであることがわかりました。bracNetがビジネスで上げた利益が、教育事業や医療支援などの公益事業に還元されるとのことです。番組で子供たちがパソコンの画面で見つめている様子が紹介されましたが、そのシーンがこちらのURLに紹介されています。

Bracnet

私自身が幼いころは貧しく育ちました(といっても、日本とバングラデシュでまったく貧しさの程度が比べ物にならないでしょうから、私が貧しかったと書くことに躊躇を感じてしまいます)。テレビの画面に映った子供たちが、教育を享受して貧困から脱出できることを願うばかりです。WiMAXをはじめとするとさまざまなテクノロジーがこうした公益事業に活用されることによって、人々が豊かになること切に願っています。

2009年7月25日 (土)

ZumoDirveでスリープできない!?

1GBまで無償で使えると聞いて、ZumoDirveを試してみました。ZumoDirveからプログラムをダウンロードしてインストールします。そして、メールアドレスなどを入力してサインアップします。容量に1GBを選択すれば、無償で使えます。ZumoDriveのオンラインストレージは、Zドライブが1GBのリムーバブル記憶域として認識されています。

Zumodrive1gb

そのZドライブにおよそ500MBのファイルをコピーしたところ、10秒ほどでコピーが終わりました。自宅ではBフレッツを使っていますが、予想外にZumoDriveのコピーが早いように思えました。「これなら使える」と一瞬、顔がほころびました。

ところが、Windowsをスリープさせようとすると、(ふだんなら10秒ほどスリープ状態になるのですが)1分待っても、2分待ってもスリープ状態になりませんでした。

私がノートパソコンを持ち歩く際はいつもスリープ状態にしていますので、これでは使えません。即座にZumoDirveをアンインストールしました。こういうのを『一喜一憂』と言うのでしょうか。

2009年7月23日 (木)

Norton Internet Security 2010の期限

7/9の記事に書いたNorton Internet Security 2010のベータ版は有効期間が14日間です。ついに今日その有効期間がゼロになりました。

0dayleft

「更新」を実行したところ、メールアドレスとプロダクトキーの入力を求められました。そこで、7/9にNorton Internet Security 2010のベータ版をダウンロードした際に、メールが届いていたことを思い出しました。そのメールにプロダクトキーが記載されていますので、それを入力したところ、有効期間が14日間になりました。

14daysleft

7/9にNorton Internet Security 2010のベータ版を最初にインストールしたときは、プロダクトキーの入力を求められなかったと思います。14日が経ってプロダクトキーを入力したら、有効期間が14日延びました。また14日経ったときは、どうなるのでしょうか。楽しみです。

2009年7月21日 (火)

「はじめてのWindows 7新機能ガイド」

昨日、ヨドバシカメラをぶらぶらしていたところ、Windows 7の解説書が販売されていることに気が付きました。(私はまだ読んでいませんので)新機能が一通り解説されているようですので、Windows 7が発売される前に目を通しておきたいと思います。ただ、初心者向けですので、パワーユーザーにはもの足りなさを感じるかもしれません。

Windows_7

2年半前にWindows Vistaが発売された際も、その少し前にWindows Vistaの解説書が発売されたことを覚えています。その解説書はページ数が少ない薄い本でした。しかし、このWindows 7の解説書は220ページを超えます。その背景には、Windows 7 RC版の完成度が高いとか、RC版をインストールしたユーザーの数が非常に多いといった事情があるのでしょうか。

2009年7月18日 (土)

IMEのバージョン

WindowsにもOfficeにもそれぞれIMEが組み込まれていますので、それぞれのIMEのバージョンを比べてみました。

まず、Windows Vista SP2のIMEは、バージョン番号が次のように表示されます。

Vista_ime

次に、Windows 7 RC版のIMEは、次のように表示されます。

Win7_ime

さらに、Office 2007 SP2に組み込まれているOffice IMEでは、次のようなバージョン番号が表示されます。

Office_ime_2007

Windows VistaとWindows 7のIMEのバージョン番号は10から始まり、Office 2007のIMEのバージョン番号は12から始まります。

Photo

Office IMEは予測変換や和英混在入力などの機能を備えているので、他のIMEとは異なるということをバージョン番号が示しているのでしょうか。

2009年7月15日 (水)

Norton Internet Security 2010の日本語版

7/9の記事に書いたNorton Internet Security 2010のベータ版(英語版)は、有効期限がたったの14日間です。私がベータ版をダウンロードしたときは、まだ日本語版が公開されていませんでしたので、仕方なく英語版をダウンロードしてインストールしました。

この英語版をアンインストールして日本語版をインストールすれば有効期限が延長されるだろうと期待して、日本語版をインストールしましたが、残念ながら有効期限は変わりませんでした。英語版をインストールした日から計算して、残り8日間です。私の期待が甘かったようです。

Nis2010

Norton Internet Securityの2010年版のメインウィンドウは、2009年版とあまり変わりません。左下に表示されている"Flip Screen"をクリックすると、「パフォーマンス」というウィンドウが表示されます。

Flipscreen

次に、左下に表示されている"Flip Screen"をクリックすると、「アプリケーション評価」というウィンドウが表示されます。私が使っているBecky!(b2.exe)は、「信頼性レベル」が「良好」で、「Nortonコミュニティの使用状況」が「多数のユーザー」となっています。

Applicationlevel

あと8日間はこのままNorton Internet Securityを使って、その後はまた別のアンチウィルスソフトを探してインストールすることにしましょうかね。

2009年7月13日 (月)

Norton Internet Security 2010が安全性を判定する機能

Norton Internet Security 2010には、自分のPCで動作しているアプリケーションが安全かどうかを判断する新しい機能が組み込まれたそうです。そのアプリケーションを使っているユーザーの数が多く、そしてアプリケーションの提供元がはっきりしている場合、レートが高いと判定されます。

たとえば、私はメールの送受信にBecky!というソフトを使用しています。Becky!の実行ファイルはb2.exeです。Norton Internet SecurityのApplication Ratingsを表示するウィンドウを見ると、b2.exeが次のように判定されています。Trust Level(信頼のレベル)がGoodで、ユーザーの数がManyです。

Nis_quorum

もしスパイウェアが潜んでいたら、どのように判定され、どのように表示されるのでしょうか。一度見てみたいと思うのですが、本当にスパイウェアが潜んでいたら、怖いですね。

2009年7月11日 (土)

ドコモケータイdatalink

携快電話ZEROを使ってF-09Aの電話帳を編集したかったのですが、7/7の記事に書いたとおり、携快電話ZEROが新機種であるF-09Aに対応していませんでした。

datalinkというソフトをドコモが公開していますので、早速インストールしてみました。Windows 7 RC版では、あいにくdatalinkがF-09Aを認識しませんでした。Windows Vistaをインストールした別のPCにdatalinkをインストールして試したところ、F-09Aを正常に認識し、電話帳を取りこむことができました。

Datalink

電話帳をパソコンで編集したいと思うには理由があります。取り引き先のある会社の担当者から私の携帯電話に電話がかかってくると、当然のことですがその電話番号が表示されます。その電話番号が電話帳に登録されている場合は、電話番号の代わりに会社名や氏名が表示されます。これまでauのW64SHに保存されている電話帳をドコモショップでF-09Aにコピーしてもらいました。F-09Aに電話がかかってくると、電話帳に登録されている電話番号であれば、会社名や氏名が表示されるはずです。

ところが、ある会社から電話がかかってきた場合だけ、会社名や氏名が表示されないのです。その会社の場合、外線番号だけではなく内線番号も表示されるのです。これまでのauであれば、たとえば03-1111-2222と表示されるのですが、ドコモでは03-1111-2222*3333のようにアステリスクマークの後ろに内線番号が表示されます。

F-09Aの電話帳に03-1111-2222が登録されていても、F-09Aは律義に「03-1111-2222*3333と03-1111-2222は異なる番号だ」と判断するのです。ドコモのサポート窓口に電話して尋ねてみましたが、この問題を回避する方法はないそうです。

このように内線番号が表示される会社が、F-09Aの電話帳にかなり登録されていますので、パソコンで電話帳を編集したいと考えているわけです。

2009年7月 9日 (木)

Norton Internet Security 2010 Beta

昨日、Norton Internet Securityのベータ版が公開されましたので、早速ダウンロードし、Windows 7にインストールしました。私がダウンロードした時点では、まだ日本語版が公開されていませんでしたので、英語版をダウンロードしインストールしました。

クイックスキャンを実行すると、「注意の必要な」クッキーが84件も発見されました。

Cookies84

「注意の必要な」(英語版ではAttention Requiredと表現されている)クッキーというものが、危険なものなのかどうかはわかりません。84件もあったということを悲しむべきでしょうか。それとも、クッキーが発見されて安全に処理されたことを喜ぶべきでしょうか。

Windows 7の日本語版の発売日が正式に10月22日と発表されましたので、それまではなるべく多くのソフトウェアを試してみたいと思っています。

2009年7月 7日 (火)

F-09Aと携快電話ZERO

携帯電話に保存されている電話帳をパソコンに読み込んで、電話帳を編集したいと思っています。ソースネクストの携快電話ZEROをインストールし、携快電話ZEROで機種をF-09Aに変更し、電話帳を読み込もうとしました。

Keikaidenwa

ところが、ドロップダウンリストに表示された機種名に、F-09Aの名前がありません。携快電話ZEROのオンラインアップデートで最新版に更新しましたが、やはりF-09Aの名前がありません。

発売されて間もない機種が対応されるまで時間がかかるのは避けられませんね。すぐにでも電話帳を編集したい理由があるのですが…

2009年7月 4日 (土)

F-09Aで接続するプロバイダ

携帯電話でインターネットに接続する際の料金プランが、もし従量制なら請求金額が『青天井』で高額な金額になる心配があります。私は、定額制の料金プランとして「パケ・ホーダイダブル」を契約しました。F-09Aにパソコンを接続した場合、上限金額は13,650円です。この金額は(イーモバイルやUQ WiMAXに比べて)かなり高いと感じます。

困ったことに気がつきました。「パケ・ホーダイダブル」などの定額制に対応しているプロバイダが数少ないことです。ドコモが提供しているmopera、そして下記の10社だけなのです。残念なことに、私が契約しているプロバイダはその中に含まれていません。

Foma

こうなるとmoperaを使うしか選択肢がありません。moperaには月額840円かかります。データ通信の料金に限っては、auを使っていたときよりかなり支出が増えることになります。

イーモバイルを解約しようかと思っていましたが、もう少し時間をかけて考えてみます。

2009年7月 2日 (木)

F-09A

携帯電話をauのW64SHからdocomo F-09Aに乗り換えました。auの携帯電話にOSとして採用されているKCP+の動作がもっさりとしていることに耐えられなくなったからです。

F09a

W64SHをヨドバシカメラやビックカメラのポイントカードとして使えるようにしていたのですが、これをF-09Aに移し変えるのが面倒です。

F-09Aは、FOMAハイスピード(HSDPA)7.2Mbpsで接続できます。外出先でインターネットに接続するときは、まずUQ WiMAXで接続できるかを試みます。もし接続できない場合は、F-09Aを使ってFOMAハイスピードで接続するつもりです。これでしばらく使ってみて問題がなければ、イーモバイルを解約しようかと思っています。

携帯電話でも他のものでも、真新しいものを触るのはうれしいものですね。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »